You are currently using guest access (Login)

正誤表
 

3.データリンク層

  • p17, 下からL7 (new)
    • (誤) 後述のイーサネットもLLC副層を使用しない。
    • (正) TCP/IPもLLC副層を使用しない。


4.ネットワーク層

  • p58, 図4.5 の説明文 L2 
    • (誤) IPヘッダの長さを40Byte単位で表す。通常は5(200Byte)となる。
    • (正) IPヘッダの長さを4Byte単位で表す。通常は5(20Byte)となる。
  • p58, 図4.5 の説明文 L12 (new)
    • (誤) ヘッダチェックサム: IPヘッダのCRC
    • (正) ヘッダチェックサム: IPヘッダのチェックサム(特殊な計算方法によるチェックサム。CRCではない)
  • p59, 下からL6
    • (誤) 全長は32bitなので,32-20=4 で,ノード部は
    • (正) 全長は32bitなので,32-28=4 で,ノード部は
  • p91, 図4.39 (new)
    • (誤) 図の左部分 VPN用ヘッダ
    • (正) 図の左部分 IPヘッダ
  • p92, L4 (new)
    • (誤) IPv6では使用が必須となっ
    • (正) IPv6では実装が必須となっ
    • (注) IPsecは IPv6では実装は必須だが,使用は任意である.
  • p93, 図4.41 (new)
    • (誤)     ::100:0000:123:4567:8900:0987
             または→0000:0000:100::123:4567:8900:0987
    • (正)     ::100:0:123:4567:8900:987
             または→0:0:100::123:4567:8900:987
  • p95, L11 (new)
    • (誤) 4.43にアドレスの有効範(スコープ)
    • (正) 4.43にアドレスの有効範(スコープ)
  • p100, L4 (new)
    • (誤) 必須機能となっている。
    • (正) 実装が必須となっている(使用は任意)
    • (注) IPsecは IPv6では実装は必須だが,使用は任意である.

 

5.トランスポート層

  • p109, 図5.4 の説明文 L4
    • (誤) ヘッダの長さ(40バイト単位)。ヘッダオプションがない場合は5(200Byte)
    • (正) ヘッダの長さ(4バイト単位)。ヘッダオプションがない場合は5(20Byte)
  • p109, 図5.4 の説明文 L6 (new)
    • (誤) コードビット: セグメントのタイプ(USG, ACK,
    • (正) コードビット: セグメントのタイプ(URG, ACK,
  • p123, L14 (new)
    • (誤) スとポート)に対して,(届く必要ない)
    • (正) スとポート)に対して,(届く必要ない)

 

6.アプリケーション層のプロトコル

  • p140, 図6.16
    • (正) 下図参照.教科書の図では,Outbound ではなく,Inbound になってしまいます.
    • 図をクリックすると,別ウィンドウで拡大図が表示されます.
Fig.6-6
Last modified: Saturday, 3 May 2014, 03:29 PM

You are currently using guest access (Login)